無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
忘備録

かのグループのライブに行った時のことを
忘れないうちに記載。

今回は本当にツイていた。

毎回必ず行くと決めているオーラスのチケが、
抽選発表の時点でハズレ。

あ〜あ…。
と思いながら、入手方法を考えあぐねる日々を過ごしていたら、
ずいぶんご無沙汰していた友からメールが。

「友達がオーラスのチケをダブつかせているんだけど、
 もしまだ入手していなかったら二枚引き取ってもらえる?」

と。

なんとまぁ、渡りに船とはこのこと。

二つ返事で引き取らせていただき、
無事に三日分のチケットを確保した。

あれは本当に奇跡と呼ぶに相応しい出来事だったと思う。

若手に押されてきている昨今とは言え、
まだまだ入手困難なオーラス。

実際、当日の会場周辺には、チケットを求める方々が
駅から会場までズラリ、手に手に求める内容のボードを持ち
立っておられた。

わたしも二年前、この手で、男前な姉さんにお声をかけていただき、
無事に会場内に入ることができたんだが、
待ってる間の孤独感というか、いつ神が現れるかわからぬ焦燥感というか、
刻々と開始時刻が迫ってきて、諦めムードが全身を取り巻いて
なんとも言えない切なさを帯びた時間を過ごすことになる。
出来ることなら、あのような時間を過ごすことなく
すんなりと会場に入りたいものだと思っていた。
そしたら、今回は奇跡が起きたっていうね。

今回のオーラスは、ここ数年のライブでは最高のオーラスだったと思う。

っていうか、今回のライブそのものが
ここ数年では最高の出来だった。
何度でも見たいと思わせる中毒性のあるライブ。
今ももう一度見たくてたまらない。

かの国を意識した演出も加わっていて、
今まではトロッコで外周を回る時に、振付なしで歌われていた歌も、
ちゃんとステージ上でフルで歌ってくれて、
しかもオリジナルの振付で歌ってくれて、
ヲタとしてはもう大満足。

つくづく、かの国のヲタにも見せてあげたかったな、と思う。
ていうか、このライブを一生懸命考えた末っ子が
今回の中止を一番悲しく思ってるだろうな…。
いつの日か日の目を見られればいいな、と心から思う。
そしたら、あの太陽みたいな末っ子はどんなにそれを喜ぶことだろう。


そんな末っ子が連日徹夜で、考えに考え抜いたライブは、
本当にヲタのツボを心得たライブだった。
だから今も、あの場所から心だけが帰ってきていないんだね。


で、その貴重なオーラスチケを誰と一緒に観ようかと考えた時、
自分の中ですぐに答えが出て、すぐさま電話をかけていた。
二年前に知り合った、わたしと同じ温度のヲタ友だ。
一緒に観る人は、彼女以外には考えられなかった。
そして今、やっぱり彼女と一緒に行けてよかったと思う。

自分が手にした三日間のチケットのうちの中日が
わたしのヲタ歴始まって以来の神席で、
そこで何が起きていたのかまるで覚えていないほどの興奮を味わい、
翌日、自分の声が枯れに枯れており、
すでに声が出せない状態になっていたことで
どれほどのぶっとびようだったのかを知る。

そんな声のコンディションで参戦したオーラスだったので、
叫びたくても何も叫べず、
それでも声を届けたくて、なにやら叫びまくっていたのだが、
野太い声しか出なかった…。

後ろの席のお嬢さんが、
わたしと同じ人がお気にだったらしく、
わたしが叫びたい箇所で、ちゃんとその方のお名前を叫んでいらした。
悔しかった…。
わたしも叫びたかった…。

そんでもって、ヲタ友も、わたしと同じく二日連続で叫んでいるにも関わらず、
ノドには何ひとつ異変はなく、
どこまでも通る声でお気にの方の名を叫んでおられた。
ワロタ。
ステージを見るよりも、隣を見ていたほうが面白いくらいだった。

開演前と開演後で、ここまで印象が違う人も珍しい。
黙っていれば、清楚なお嬢様風に見えるのに、
ライブが始まったとたん、最強のヲタへと変身する。
たぶん普通の人が見たらドン引きするほどの変貌ぶりだ。
が、わたし的には全然余裕の許容範囲で、
ほほえましいほどの愛の注ぎっぷりだった。


で、終演後、余韻に浸りまくりながら、
近辺の居酒屋に直行して、二人で祝杯をあげた。

周りには、オーラス終わりの姉さん方がたくさんおられ、
わたしたちも彼女らと同じように、オーラスでの各々の挨拶を思い出して
しみじみ話をしていると、
ふと隣の席から
「はぁ〜っ、これであたしの夏も終わったわ…」
という声が聞こえてきた。
わたしも全く同じ気持ちだったので、
お隣の姉さんの方を向いて、
「ほんとですよねぇ…」
と返事をしてしまった。
突然に、しかも、自然に声をかけてしまったので、
もしかしたら引かれるかなと思ったんだが、
それがきっかけで、テーブルをくっつけて一緒に飲むことになり、
同じ気持ちを持つ姉さんたちと
あーだこーだ言いながら、本当に楽しいひと時を過ごさせていただいた。

わたしは五人とも大好きなので、
誰か一人だけしか好きじゃない、という人とは
腹を割って話が出来なかったりするのだが、
姉さんがたもちゃんと五人を大好きでいてくれたことが本当にうれしくて、
わたしはいつもよりたくさん飲んじゃいました。
初対面とは思えなかった。
ライブ中も幸せだったけど、
終わってからもこんな形の幸せを用意してくれていたなんて、
予想もしてなかった。
これも、彼らが繋いでくれた輪なんだなぁ。
ワンダフルライフですよ、まったく。

で、気づけば終電間際。
急いで店を出るも、横浜在住のヲタ友の終電は
なくなってしまっていた。
そこで急きょ、我がホテルにこっそり招き入れ
夜を徹して話に花が咲く。
あぁ、たのしやな。

なんかもう、楽しいだけの時間がそこにあった。

近頃は、彼らから若手に降りた姉さんがたばっかりで、
ちょっと肩身の狭い思いをしていたわたくしだったが、
同じ想いを持つ人間がまだまだいっぱいいてくれることに
ただひたすらに感謝な夜だった。


また共にライブに行こうと約束をする前に、
とりあえず十一月の舞台の約束をして、
翌日お江戸を後にし、新幹線の中で爆睡したという次第。

しかも、彼らのライブが行われていた五日間だけが、
キレイに猛暑日からハズれていて、
とても過ごしやすい秋晴れの日々だったということも
ここに付け加えておこうと思う。
これ、絶対に彼らのパワーだ(笑)






| shortcut | 14:41 | comments(0) | - |
二年ぶりの
二十日の日にお江戸より舞い戻りました。

二年ぶりのあの方々のライブに行ってきたわけで。

しかも今回は、三日連続。
オーラスまでたっぷりと堪能してきたわけで。
さらに今回、同じ温度のヲタ友と初参戦して、
最高に最高に楽しかったっす。
合いの手のバッチリ合って、
彼らに対する愛の深さもおんなじで、
そういう人と一緒に参戦出来る幸せを
心から堪能いたした次第であります。


近頃じゃ、若手に押されっぱなしのあの方々でしたが、
なんのなんの、まだまだ負けてはおりませんでしたよ。

ていうか、もう若手とかそんなん関係ないな、と思った。

彼らは彼ら、うちらはうちら、みたいな感じがすごくしたよ。

それに、オーラスではまさかの号泣までしてしまったし。

お前らのファンでよかった、と心から思った。

一人一人のあいさつで、
前から用意していたような型通りの言葉じゃなく、
その場で感じたことをひとつひとつ丁寧に言葉にしてくれているのが
ビシバシ伝わってきて、
その直球な想いに泣けました。
わたしらヲタに対する愛情にあふれた言葉だった。
な〜んだ。
うちら相思相愛なんじゃん、と思いますた。へへっ。

で、一生あんたらについていくよ、と思った。

世間が何を言おうと、世間が見捨てようと、
最後の最後まで、わたしはあんたらのヲタでいます。

少しずつ世間のモードが、若手に移行しつつあるのを
彼ら自身も気づいてるんだなぁって思った。

だからこそ、ずっと応援しているヤツもいるんだぞってことを
わたしも何らかの形で伝えたいな、と思った。

ので、久々にブログ更新してみた。
しかも、だいぶ日にち経ってますけど(笑)


だって、それどころじゃなかったんだよ。
抜け殻状態っていうの?
もう、久方ぶりに
「あぁ…、楽しかったなぁ…」って
あの空間のことばっかり思いだして、
何も手につかなかったんですよ。

こんな風に思える人たちがいてくれるだなんて
幸せなことですな、まったく。

かの国に行くのが中止になってよかった。
彼らの安全が第一ですし。
もしも予定通り事が運んでいて、
もしも彼らの身に何かあったりしたら、
この国のヲタたちは
かの国を生涯許さないだろうよ。


ぽっかり空いたスケジュールで、
五人で何かやってくれないかな。
五人一緒にいるのを見るのが
ことのほか大好きだ。

けど、一人一人も好きなので、
十一月に剛の舞台に参ります。


 




| shortcut | 02:38 | comments(0) | - |
よかった
ブルレコ、買ってよかった。

もともと、今日のあの番組に合わせて
録画しておく必要性があったから、
買ってよかったと思うのは当たり前なんだけども、
それでも、ほんとに買ってよかったと思った。

ブルレイモードで録画しといたら、
画像がめっさキレイ!

そんなキレイな画像で今日のあの番組を観て、
大号泣してしまったわたし…。

歌の途中で声をつまらせていたね。

単純な百獣の王は、
歌終わりで彼の背中を「ポンッ」と叩いてくれていた。
てか、百獣の王が、誰よりも嬉しそうで、
「おま、単純でいいやつだな」
と思いました。

リーダは意外と読書家だったことを暴露され、
居心地悪そうな顔をしていた。
やはり彼は「バカだけどアホじゃない男」だった。

この一ヶ月間、ツートップは彼からの電話を取ることがなかった。
それもまた心憎いばかりの処置。
わかってるなぁ、ツートップは。

ごろさんは差し入れを持って遊びに行ってくれてたそうで、
そういう心遣いが何よりも嬉しかっただろうなと。

慎吾は毎日電話してたんだね。
そんな優しさに支えられてたんだろうなぁ。

甘やかすことで愛情を表現する人と、
決して甘やかさないことで愛情を示す人が、
ちょうどいいバランスでいてくれるチーム。
どちらが良くて、どちらが悪い、っていうんじゃなく、
ただ示し方が違うだけで、
どちらのやり方も、彼にとってものすごくありがたい事だっただろうと思う。
それぞれの役割が、きちんと機能しているチーム。


ヤツラのヲタであることを心から誇りに思う。

やっぱ、この番組で、五人揃った所を見て、
ようやく
「ほんとにおかえり」
と思えた。

ヲタにとっても長い一ヶ月だったな。
彼らの存在の大きさを感じさせてもらった。
ありがとう。




| shortcut | 23:23 | comments(0) | - |
。・゚・(ノД`)・゚・。
昨日はどうにも心落ち着かず、
夜半まで、ヲタ姐さんがたとチャット。

留置所にいるであろう人を思ったら、
心が騒いで騒いで、眠るどころの話じゃなく、
ほとんど眠れなかった。

ちょっとウトウトした合間に見た夢は、
全てスの人たちの夢で、
五人揃ってがんばって踊ってる夢だった。
「あぁ、よかった! やっぱりこっちのほうが現実なんだ!」
と思って、パッと目覚めて、
悪夢のような現実に戻る。

食欲もガクンと落ち、
わたしまで憔悴しきってしまった。

夜の会見があると知り、
仕事をしながらも気がかりでならず、
とりあえずがんばれ、と、
頭の中で彼の顔を思い浮かべながら
パワーを送ってみた。

録画しておいたものを見ながら
涙が止まらず。

一夜明けたら、全てが失われていたことに愕然とし、
混乱の中での会見だっただろうに、
いつもの彼らしく、正直に対応していたように思う。

レポーターの皆さんの口調も優しくて、
本当にありがたかった。

他メンとも電話で話したそうで、
みんなで考えようと言ってもらえたことに
心の底からホッとする。

よかった。
本当によかった。

世間や企業からどんな風に思われようと、
仲間にだけは許してもらっていて欲しいと思ってた。
心が折れそうな時に、仲間にそっぽ向かれることくらい
つらいことはないから。
だから、一緒に考えようと言ってくれたことが
本当に嬉しくて、ありがたかった。

会見を見終わって、昨日から胃液を出してくれなかった胃袋が
急速に活動を始めた。

やっとごはん食べれた。


自分にとって、彼らの存在がどれだけ大きいかを
骨の髄まで思い知った気分だ。

彼らが今回も、
みんなで考えて乗り越えるつもりでいることが
たまらなく嬉しい。
その意思を確認出来た会見だった気がする。
おまえらを好きでよかった。

ま、でも、ほんとはこんなこと、
無いに越したことはないんだけどね。






| shortcut | 23:06 | comments(0) | - |
・・・
今日は色んな人からメールをいただいた。
我が身をご心配くださった皆様、ありがとうございました。
人の温かさを感じました。

グループ存続の危機なんだろうか…。
違約金もハンパないそうだし…。

ヲタ的には、彼の泥酔真っ裸という不始末にも
それほどの違和感はなく、
「あぁ、彼ならやりそうなことだ…」
と思ってしまう。
いつかこやつは酒で失敗するだろう、と思ってはいたけれど、
まさかこんな形での大失態を繰り広げるとは…。
逮捕となると世間様の目は厳しいだろう…。
憔悴しきった映像を見たら、
涙が止まらなかった…。

同行者も数人いた、という目撃証言もあるという話を聞くにつけ、
だったら何故、こんな大事になる前に
なんで殴ってでも連れ帰ってくれなかったのか?と、
責めあげたくもなる…。
わたしがその場にいたら、
「いいから着ろっ! 帰るぞゴルァ!」
って、引きずってでも帰ったのに…。
が、同行者がいようがいまいが、
泥酔マッパ時には完全に一人だった彼…。
置いてけぼりをくらった形だ。
かわいそうすぎる…。

でも、それはもう仕方あるまい。
こうなってしまったことを受け入れるしかない。

常々、息の抜き方がヘタクソな人だなぁとは思っていた。
いつかお酒に飲まれなきゃいいなぁとも思っていた。
あぁ…。
去年の年末あたりから今年にかけて、
コメントでもストレスという言葉を多用するようになっていたことが
ちょっと気になっていた。
何かあったのかな、とか思っていたが、
一ヲタである自分には何も出来ない。
ただただ応援し続けることしか出来ないのだ。

なんか書いてるうちに怒りがこみあげてきた。

自分の後ろには、支えてくれる人がいっぱいいるんだってことを
わかっているのか、彼は…。
こんなに悲しい思いをする人間がいっぱいいるんだっていう自覚が
なかったんだろうか、彼は…。
いや、ある。
ありすぎるほどある。
「すまっぷだからちゃんとしなきゃ」
といつもいつも言っていた。

たくさんの人が関わる仕事の中心にいる自分の立場を、
イヤというほど理解していただろうに。
なんでこんなことになってしまったんだろう…。
普通の一般人が泥酔マッパなんて、よくある話だ。
しかし、彼は背負うものが大きすぎる。
関わる人間、そして企業の数がハンパない。
企業は彼のイメージを買っている。
そのイメージが崩れてしまえば、
商品としての価値はなくなる。

「人を傷つけたわけじゃなし」
と、結構甘く見てくれたり、
笑い話で済ませてくれたりしてくれる人もいるけれど、
企業はそうじゃない。

それに今は八年前のあの事件の時とはまったく事情が違う。
彼らは八年前、あの事件をきっかけに奮起し、
その後、国民的グループとしての地位を不動のものにした。
でもそれは、若さがあったからこそ出来たことだと思う。
二度目ともなると、そうそう楽観は出来ない気もしている。
ちょっと絶望的な気分だったりもする…。
全員三十路過ぎのグループが、華々しく復活なんて
普通に考えたらありえないと思うんだが、どうだろうか…。
下も着々と育ってきているし。
いっぱいいっぱい怒られて、いっぱいいっぱい反省するがいい。
そして、自分が失ったものの大きさを括目して見るがいい。
ばかめっ。ばかたれめっ。

本当に悲しすぎる…。
他メンヲタ姉さんたちにも申し訳ない…。
ライブを楽しみにしている他メンヲタ姉さんの心を
一瞬にして打ち砕いてしまった…。
あぁ、ほんとに申し訳ない…。

とか思ったりもするけど、
やっぱり一番びっくりしてるのは当の本人なんだろうなぁ…。
あの憔悴しきった顔…。
思いだすだけでこみ上げてくる…。
この先どんな処遇が待ち受けているのかわからないけど、
こんなことくらいでヲタを辞めたりしないから、
また必ず必ず帰ってきて欲しい…。
いつまでだって待つから。
またヲタとメンみんなで乗り越えればいい。

どうか他メンが、特に百獣の王が、彼に優しくありますように…。
今はもうそれを祈るばかりだ…。
また一丸となって欲しい…。

しかしほんっとに色んなことがあるグループだな…。
足元がガラガラと崩れるような感覚を味わってしまった…。






| shortcut | 15:04 | comments(0) | - |
テンプレ変えてみた
ずーっとおんなじテンプレだったんで
ちょいと変えてみますた。

なんかこのほのぼのとした感じが気に入ったもんで。

さーてとぅ。
Sな人々の旅から体だけ帰ってまいりまして、
東ドから帰ってこず、
うすらぼんやりと過ごしておりました。
今はだーいぶ復活いたしまして
オーラスカモーン!な気持ちでございます。

もうね、ほんとうにね、ヤツラはすごいね。

なんらかのピンチがあったほうが
ヤツラは力を発揮するんじゃないかと思うくらいに
彼らの結束力を強く感じました。
もう、誰それが好きとか、そんな次元じゃないっす。
あの人らみんな好き。


どこぞの掲示板で
お互いに足の引っ張り合いしてるカキコを読むと
┐(´д`)┌ヤレヤレと思います。
それは他Gについても同じでありまして。

たとえばわたしはSでは黄色な人が一番好きで
その人が入り口であったことは確かなのですが、
その人が輝いているのは、Sなグループがあるおかげだし、
Sなグループが輝いていられるのは、他のメンバのおかげでもあると
思ってるんで、同じグループにいる人を愛しこそすれ、
悪し様に罵るなんて絶対に出来んのです。
なので、○○坦っていう言い方、
ほんとはあんまり好きじゃない…。

特別に応援している人がいるのは全然いいけど、
その人以外は認めない、みたいな立ち位置がどうにもニガテ。
みんながんばってんじゃん。
みんなそれぞれにちゃんと輝いてんじゃん。
なんでそれを認められないかなぁ、と思うわけですよ。
自分のご贔屓さまが際立てるのは、
そのグループに色んな個性が揃っててこそなんだからさ。

とか。

まあ、苦言はこのくらいにしておきますかね。



今回のコンはここ三回の中で一番よかった。
テンポもよくて、構成もよくて、ジャンクションもよくて、
ほんっとに楽しかった。
前回はジャンクションの間が間延びした感じで、
「う〜ん」と思って、DVDもそんなに観てない。
前々回も、なんだか「う〜ん」な感じで、
これまたDVDをそんなに観てない。
でも、今回は今からDVDが出るのが待ち遠しいんですよ。
こんなの久々。
2002年のライブ以来の気持ち。
もうなんていうか、緑ソロがネ申だった。カコヨス!カコヨス!
黄色ソロはみんなでワイワイやれて楽しすぎたし。
赤ソロはやっと今までと違う路線を見せてくれて嬉しかったし、
ピンクソロの曲がバカラックで、めっちゃ好きな曲だったし、
青ソロが、ほんっとにきれ〜かった。
始まる前のVは相変わらずふざけてたけど(笑)
でもダンスもがんばってて、ほんとにキレかったですよ。
真正面から見た時は、「うわぁ〜」と思いますた。
DVD、観たほうがいいよ、マジで。

ジャンクションがチャリファクっぽくて
ティムバートンの世界観だったなぁ〜。
好きだ。
この構成に一役買った慎吾 ネ申 。
早く早くDVD観たい。
年末はDVD観倒す予定がビッシリだぞ(←さみしすぎる)。






| shortcut | 15:38 | comments(0) | - |
顔が弛緩
今日、ついについに待ちに待ったSな人らの情報が
正式ハピョーされた。
実は昨夜の段階で、フライングしてたんだが、
正式ハピョーされるまでは、ドキドキして眠れませんですた。

いや〜、どこいこ〜。
全部行きた〜い。
が、それはムリ。

とりあえず東京。
そして、ナゴヤも行きたい。
出来ればホカイドーも。
うちのおかんさんが、ホカイドーに行きたいと言いよった。

いや〜、二年ぶりなだけに。
昨夜、フライング情報ゲットした時は
目から大量の水が出ました。
これには自分でもビックリ。

期待せず、でも希望は捨てず、のスタンスでいたつもりだったが、
やっぱりいつも心のどっかでずーっと期待してた。
今年の春に案内が来なかったことで
自分が思うよりもずっとガッカリしてたんだなぁ。
こんなにも待ってたことに、初めて気がついた。

色んなコンに行ったけど、
こんなにもこんなにも待ちわびる人々って
彼らくらいだなぁ。

若手な方々もかわゆすなのだが、
わたしの心の奥は、観ている間どこかでいつも冷静だった。
ある日のコンの最中、そんな自分の心に気づいてハッとした。

それからは、あまり若手な方々のに行きたいと
思わなくなっていた。
不思議だのぅ。
別にキライになったとかではない。
今でも大好きだ。
でも、100%入り込めなくなった。

Sな人たちを追いかけていく中で
知り合った人たちは、
ここ五年のうちで二度もその姿を見せてくれなかった年があったことで、
次第に彼らから離れて行った。

今では全く別なジャンルの人々に気持ちが向いてしまってたり、
若手の方々オンリーになってしまってたり、さまざまだ。
今回の発表でも、こんなに浮き足立っているのは
もしかして仲間内ではわたしだけなのかもしれない。
まぁ、ちょっと寂しくもあるけれど、
たとえ一人になったとしても、行きたいという気持ちがあるかぎり、
わたしは彼らを観に行き続けるんだろうな。
そして、そこでまた新しい出会いがあったりするんだろうな。
今はそれが楽しみだ。
それを考えてニヤニヤが止まりません。





| shortcut | 23:47 | comments(0) | - |
こんさと
今年なければ、本命のこんさとは二年続けてないことになる。
さまざまな噂があらゆる方面から耳に入ってくるが、
噂の類に踊らされ、一喜一憂するのを好ましく思わないので、
青い封筒が届くのを、 ただ待つばかりなのである。

J内浮気は、本命のこんさとが滞りなくあるからこそ出来るもので、
他Gへの情熱が薄れてゆくのを痛切に感じる昨今…。
帰る港があるからこそ、船出は出来るというもの。
本命がこんさとをしてくれない限り、
わたしのテンソンは下がりっぱなしなのである…。
会いたいなぁ。。。 今年こそは…。

過去コンのDVDを見ては、ため息が出るばかりなり。。。

| shortcut | 13:49 | comments(0) | - |
はぴば
34歳ですか。
いつまで祝い続けるんだろうと思っているのですが、
今年もやっぱりこの日が来ると
祝わずにはいられない自分がいます。

わたしがこの一年の一日一日を重ねてきたように、
あなたもあなたの一日をしっかり重ねているんだなぁと
毎年この日を迎えるたびに思います。

今年も生で会えるかどうかわかりませんが、
生のあなたがたに会える日を
心の底から楽しみにしながら、
わたしもわたしの一日をきっちり重ねていこうかな、と。

剛、お誕生日おめでとう。
どうかいい一年を。

| shortcut | 15:26 | comments(0) | - |
おめでとう
今年もまた、この日が来ました。

毎年、この日を祝えることを嬉しく思います。
ついにゾロ目ですね。
今年もあなたが見せてくれる何かを楽しみにしています。

ぜいたくを言えば、
夏に会いたかったけど。
秋にはみんな揃って会えるかな?
どうだろう?
年に一度の生存確認だけはさせて欲しいなぁと
思う今日このごろなのであります。

いままでも
「この年齢の時はこの仕事をしてたなぁ」
と、思い返せるような仕事をたくさんしてきているもんね。
これからも、そういう仕事を一つ一つ増やしていってください。
わたしは、それをずっと見続けます。

おたんじょうびおめでとう。剛くん。

では、また来年。


| shortcut | 12:28 | comments(0) | - |
Page: 1/2   >>

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

This is love(初回限定盤 SS version)
This is love(初回限定盤 SS version) (JUGEMレビュー »)
SMAP,LOVE PSYCHEDELICO,小室哲哉,市川喜康,ArmySlick,本間昭光

Recommend

This is love(初回限定盤 SB version)
This is love(初回限定盤 SB version) (JUGEMレビュー »)
SMAP,LOVE PSYCHEDELICO,小室哲哉,槇原敬之,ArmySlick

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

この瞬間(とき)、きっと夢じゃない
この瞬間(とき)、きっと夢じゃない (JUGEMレビュー »)
SMAP,Hi-Fi CAMP,大智,長岡成貢,youwhich

Recommend

Recommend

smap

blogpet

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links